「しんきん経営情報」

2020年度「しんきん経営情報」「別冊」 年間テーマ一覧

※別冊のタイトル・内容は予定です。
発行:年6回・偶数月1日発行
仕様:表紙カラー・本文2色刷り A5判 20ページ 定価:100円(税別)

4/5月号別冊 2020年4月1日発行

今注目すべき業界の最新情報を読み解く
景気・市場動向 I

編集部編

経営に役立つ景気の見通しや市場動向などの情報をまとめてお届けします。日本や世界の景気、中小企業を取り巻く状況、小売り、外食産業の展望、外国人観光客の動向など、データを交えて解説します。電気通信機器、自動車、不動産、ファッション、レジャー、シニアなど幅広い分野を網羅します。

内容例
●景気 ●中小企業 ●流通・小売り ●食品・外食 ●外国人観光 ●旅行・レジャー 
●家電・通信 ●自動車 ●住宅・地価 ●ファッション ●サービス ●教育・子ども 
●健康・スポーツ ●介護・シニア

6/7月号別冊 2020年6月1日発行

事業資金の有効な調達手段
補助金・助成金を活用しよう
税理士・社会保険労務士・CFP(r) / 1級FP技能士 中島典子

「補助金・助成金」は事業発展に有効な国等からのサポート支援金です。一方で、利用に際してはいくつかの注意すべき点もあります。本別冊は、「補助金・助成金」制度の目的や内容、具体的な活用法を解説するものです。中小企業が活用しやすい「補助金・助成金」の具体的な事例も取り上げます。

内容例
第1章 補助金・助成金とは
 補助金・助成金とは/申請するには/気を付けるべき点 他
第2章 主な補助金・助成金
 ものづくりや設備投資を支援/インバウンドや海外展開を支援/
 IT活用を支援/人手不足の解消を支援 他

8/9月号別冊 2020年8月1日発行

Q&Aでわかりやすい
中小企業と経営者の税金対策
税理士・米国税理士・CFP(r) 高下淳子

税金対策別冊では、企業経営者が知っておくべき税制改正や日頃の会計処理等で活用したい法人税務、贈与や相続に関する税金対策などを、わかりやすいQ&A方式の記事で紹介します。

内容例
第1章 所得税に関する改正と税金対策
 単身児童扶養者に対する改正/基礎控除の見直し 他
第2章 法人税に関する改正と税金対策
 防災設備への投資と減税/働き方改革に資する設備と減税 他
第3章 贈与と相続に関する税金対策
 配偶者への自宅贈与の特例/自社株に対する納税猶予と免除 他

10/11月号別冊 2020年10月1日発行

今注目すべき業界の最新情報を読み解く
景気・市場動向 II

編集部編

景気・市場動向は4月と10月の年2回、経済状況の変化に合わせて市場動向を読み解き、解説します(内容は4/5月号別冊「景気・市場動向 I」をご覧ください)。コンパクトで読みやすいと好評で、毎年、多くの信用金庫から4/5月号別冊、10/ 11月号別冊の双方をご購入いただいております。

12/1月号別冊 2020年12月1日発行

中小企業と経営者のための
事業承継・資産承継
司法書士 石川和司

次の世代に経営を引き継ぐには、さまざまな選択肢があります。例えば、企業の規模が小さく社内に後継者が育ちにくいとされる不動産業界では、第三者承継(M&A)を活用する企業が増えています。近親者への事業承継が難しいとしても、「自己決定感」の伴う相続は可能です。事業と資産の相続について、身近な実例に基づきご紹介します。

内容例
第1章 節税も未来も共に考える
第2章 資産オーナーから「経営者」に意識転換する
第3章 「自己決定感」の伴う意思決定

2/3月号別冊 2021年2月1日発行

最新の金融詐欺事件の傾向と対策

卑劣な詐欺事件は後を絶ちません。オレオレ詐欺などの特殊詐欺や手口が似た類似犯罪の最新の傾向を、警察庁や国民生活センター、各種調査機関などの情報を基に紹介し、手口などを分析します。被害者が負う心の痛手にも着目する一方で、詐欺と見破った人の体験談などから、家庭でもできる詐欺被害防止策も紹介します。

内容例
●2020年の新たな手口 ●被害が後を絶たないオレオレ詐欺 ●詐欺に使われた旬の話題 
●若者にも被害が相次ぐ架空請求詐欺 ●高齢者狙いの還付金詐欺 
●インターネットを悪用する詐欺 ●警察の捜査・犯行拠点の摘発 ●被害者の心の痛手 
●小道具の名簿・電話・口座等

しんきん経営情報|メニュー